バイト面接対策

いざアルバイトをしてみたい!と思っても、応募するのって勇気が要りますよね。
大抵のアルバイトは履歴書などの書類選考と、面接によって決められます。

 

高校生のアルバイトでは、履歴書が問題になることはそう多くないです。
いちばん大事なのは面接だと思います。
私も何人ものアルバイトの面接をしてきましたが、正直、履歴書で見ていたのは、字が丁寧か(上手い下手はあまり関係ありません)、通うのに問題のない距離か、ぐらいでした。

 

面接で良くいわれるのが、第一印象の大切さです。
これは実際に面接する側は一番気にします。
第一声の挨拶が大きな声でキチンと出来れば大丈夫です。
また、初めて応募の電話をするとき、そこの職場に初めて足を踏み入れるとき、
そんなところも第一印象の範囲かもしれませんね。

 

かといって極度に緊張する必要はありませんよ。
高校生のアルバイトに要求されるのは、それほど難しいことではありません。
一般的な常識と、真面目に働きたいという姿勢が一番大事です。
普段の自分のままで、無理をせず、面接する人に「伝えよう」と意識して下さい。
分からないことや、不安に思うことはどんどん質問しましょう。
よく「質問ありますか?」と聞かれると、「特にありません」と言う方が多いのですが、逆にこちらが不安に感じてしまいます。

 

最後に、面接で落ちてしまったとしても、大して気にしないことです。
特に人気のある職場だったりすると、一度の募集で本当に沢山の応募があります。
「今回はたまたま落ちただけ」と開き直る気持ちも必要です。
きっと自分にピッタリのアルバイト先は見つかります。