履歴書の極意

アルバイトの応募に使う履歴書を書く際、一番大切なのは「読みやすい字」です。
決して上手な字を書く必要はありませんが、ていねいに書かれた文字は見る人に伝わります。

 

また最低限のルールは守りましょう。
まずシャーペンや鉛筆はNGです。
ボールペンも必ず黒のものを使用しましょう。
書き損じをした時はできれば新しく書き直した方が良いでしょう。
最悪、修正液で修正しましょう。
横線で訂正するなどは印象がよくないですよ。

 

写真は必ず糊付けして貼りましょう。
セロテープで貼り付けたりしないようにしましょう。
写真を付けずに来る人もたまにいますが、面接の担当者は何人かを面接している場合が多いです。
写真の無い履歴書はどんな人だったかもすぐ忘れられてしまいますよ。
もちろんプリクラなどは厳禁です!

 

学歴や職歴に空白の期間がある人もいるかと思います。
正社員の就職でしたら細かく聞かれるかもしれませんが、アルバイトの面接ではそれほどこだわらない場合が多いです。
しかし全く不明の期間が長くある場合、「何をしてたか?」という話になるかと思います。
その際は正直に答えるのが一番だと思います。
またその間アルバイトなどしていたのであれば、職歴(アルバイト)などとして記載しておくと良いでしょう。

 

アルバイトの面接にはあまり気負わずに、かといって適度な緊張を忘れずに臨みましょう!
相手の目を見て、常に口角を上げることを意識すると、それだけで印象がよかったりしますよ。